Case Study

事例・実績

 

他人に産婦人科を事業承継させた例

A県B市の産婦人科医院は後継者もおらず院長は60歳を超えました。そこで地元の若い産婦人科医に施設と経営権を全てまとめて3.5億円で売却しました。承継時に医院の預金や資産を院長が全て引き上げたので、旧院長は6億円を手にしました。なお、後継院長は当面必要な運転資金と建物の修繕費など2億円の資金と3.5億の支払いをしたため、新院長の負担は合計は5.5億円近くとなりました。 しかしながら後継の院長はあっという間に医院を再生し、現在順調に短期間で借金を返済し続けています。この院長の人柄と若い患者さん受けする入院食事のクチコミによる患者増加が成功のポイントでした。

 
 

他人に産婦人科を事業承継させた例2

C県D市の産婦人科医院も後継者がおらず、別の医療法人に5億円で医院を売却しました。承継にあたり一番の問題は、医院を運営する医師の確保と地域での風評対策でした。このケースでは前院長がしばらく医院に残り承継前に働いていたスタッフや医師をそのまま雇用し続け、外観も名称も変えることなく、地域の住民に誰にも知られずに承継を完了しました。このように中身はそのまま実質的な所有者を変えることもできます。

 
 

赤字の産婦人科を再生させた例

E県F市の産婦人科病院はお産の数が月20件ほどまで減少してしまい、建物の老朽化も進行していました。院長の死去に伴い新院長夫妻は病院の立て直しを決意。コンセプトや近隣施設との差別化を徹底的に考え、現在ではお産数も月60件まで増加。E県では他の施設の追随を許さないサービスとホスピタリティを持つ病院に仕上がりました。建て直しにかかった8億円の借金も返済まであと少しです。

 
 

スモールクリニックで成功した例

大学病院を退職したG先生は、大学病院のあるH県I市で開業を決意。退職金と借入金合計5千万円でテナントに医院を開業しました。患者数は順調に増え続け、開院2年で年収2500万円を確保し順調に借入金も返済し続けています。当直や手術など体力的に大変なことがなく、いつも決まった時間に終わるので趣味を楽しみながらストレスを感じることなく医院を経営しています。

 

Price

料金表

着手金

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

報酬金

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

手数料

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

実費

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら